沖縄

On 2013年9月20日

にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村

応援クリック お願いします!

 

 

クリックすると綺麗に見れます

沖縄2

 

 

報道されない真実

沖縄は日本一の尊王県だ

http://www.youtube.com/watch?v=COsGRh7oKOw

 

 

よみがえれ!沖縄魂

 

かつて、

沖縄県民はすべからく、大東亜戦争を、日本人としての誇りを持って、それこそ命を懸けて戦った歴史を持つ。

 

 

「 沖縄戦の比類なき特徴は、軍官民一体となっての祖国防衛戦の遂行であり、とりわけ健気(けなげ)な中学生や可憐な女学生を中核とする学徒隊が、正式に兵士や軍属(従軍看護婦)の任務について、暴風雨のごとき砲弾撃下、鬼神をも哭せる悲壮な奮闘の末に、その大半の若者が惜しみても余りある若き命を祖国にささげたことである 」   ( 『嗚呼沖縄戦の学徒隊』 村田春樹 著 より引用 )

 

 

その流れは、本土復帰運動にまで連綿とつながっていた。

 

暴力により日本を共産主義国家にしようと活動家(テロリスト)と(プロ)市民たちが暴力テロと今と変わらぬレッテル貼りをしたアジやデモを繰り返した60年安保。この戦いに敗れた本土の 「反日・左翼」 たちが沖縄に乗り込むまでは、「沖縄教育会」 に所属する先生たちは、日本人としての高い誇りをもって、真剣に子供たちを教え導いていた。

新聞社も、至極まっとうな感覚で記事を書いていた。

しかし、テロリストたちが沖縄に渡って以降は、活動家たちの硬軟取り混ぜた情報操作と入り込みにより、沖縄の教職員はイデオロギーに染まり「沖教祖」に変貌する。日教組の沖縄版だ。

純粋だった祖国復帰運動もイデオロギー化し、「反米」を旗印にする為の日の丸となり、「反米」を旗印とした祖国復帰運動に変貌し今に至る。

共産主義テロリストたちは、教育、沖縄2紙の新聞社、公務員の中に頑強な組織をつくることに成功。本土でかなわなかった夢を沖縄で実現しようとしている。

今の日本共産党は、ソ連崩壊後、シナ共産党の支配下にあることを忘れてはいけない。

 

沖縄出身のジャーナリスト、仲村覚氏が、「東京五輪と沖縄」の知られざる関係に迫った。

「64年東京五輪は、日本の戦後復興のシンボルであり、「戦後の終わり」を華々しく世界に告げた。だが、その瞬間、沖縄はまだ米軍の占領下にあった。当時の沖縄県民は東京五輪をどのように受け止めたのか。

それを雄弁に物語るのが琉球郵便の記念切手「1964オリンピック東京大会沖縄聖火リレー」だ。守礼門と聖火と五輪マークが描かれている。

実は、東京五輪の聖火リレーの国内の出発点は沖縄だった。米軍統治下のため、祝日以外の日の丸の掲揚は禁止されていたが、県民を挙げて盛大に聖火リレーを歓迎し、日の丸を振って迎えたため米国民政府はそれを黙認せざるを得なかった。

聖火リレーのモニュメントが残っている場所もある。沖縄県北部・名護市の嘉陽という地区だ。嘉陽は那覇空港から出発した聖火の折り返し地点で、聖火がそこで1泊したため、「聖火宿泊碑」という石碑が立っている。当時をよく知る老女は次のように語った。

「とにかく人の波、波でした。『聖火を見るんだ』といって、2階建ての建物にも人が登っていました。外国からも沢山人が来て、嘉陽小学校の運動場には人が入りきれないぐらいでした。鼓笛隊が歓迎の演奏をしたり、炊き出しをしたり、一生懸命、村をあげて歓迎しました」

 さらに、こう続けた。

「白い紙に、お椀(わん)で丸い形を書いて赤く塗り、山から竹を取ってきて、日の丸の手旗を沢山つくりました。みんなで振りました。うれしくて涙が出てきたのを覚えています」

当時の写真を見ると、聖火台の後ろには、日の丸や、五輪旗、星条旗が並んで翻っている。米軍占領下で国歌斉唱したり、日の丸を振って聖火を迎えることは、日本人としてのアイデンティティーに火をつけ、後の復帰運動の盛り上がりにつながった。

佐藤栄作首相(当時)が64年東京五輪の翌年、戦後の歴代首相として初めて沖縄を訪問したのも偶然ではない。結局、東京五輪は、米軍に分断統治されていた沖縄を再び日本に引き戻したのだ。」

 

 

 

沖縄は、日本だ!

 

大東亜戦争当時、今と変わらない、「記憶に頼る勉強だけ」はできるが様々な情勢を読むことに弱く、自分たちの出世と省益だけにこだわり、無責任極まりない判断しかしないエリート官僚たち「大本営」の思惑とは別に、

本気で、命を捨てる覚悟を持って 「 沖縄を守ろう!」 とした大勢の 陸軍兵士と 特攻隊員たちがいた。

満州から転戦してきた陸軍兵士の主力は北海道出身者である。  また、四国出身者も多くいた。  沖縄県には本土各地から沖縄防衛を果たすべく多くの軍人が移動して来たのだ。 本土から来た彼らは、それこそ 「命をかけて沖縄県民を守る!」 その一点で、故郷(ふるさと)を遠く離れた沖縄で地獄の苦しみを戦い抜いて散華された。 その数、65,908柱。

特攻が最も多く行われたのは沖縄戦においてである。

沖縄周辺に侵攻したアメリカ海軍やイギリス海軍を中心とした連合国軍の艦隊に対し、日本軍は菊水作戦(きくすいさくせん)を発動して特攻隊を編成し、九州南部から航空特攻を行った。

菊水作戦は、太平洋戦争末期、連合軍の沖縄への侵攻を阻止する目的で実施された日本軍の特攻作戦である。 作戦名の「菊水」は楠木正成の旗印に由来する。 作戦は第1号(1945年4月6日~11日)から第10号(6月21日~22日)まで実施され、その後も終戦までの間断続的に特攻が続けられた

沖縄周辺での特攻作戦において、海軍機は940機、陸軍機は887機が特攻を実施し、海軍では2,045名、陸軍では1,022名の若者たちが散華された。

彼ら沖縄特攻で散華された特攻隊員のほとんどは、軍人ではない。

将来を嘱望された、正しく文武両道の『 学徒 』たちである。

当然、自由闊達(じゆうかったつ)な大学生活を送っていた彼らは、戦況の絶望的な厳しさを熟知していた。

しかし、自分の命と引き換えに、故郷から遠く離れた沖縄を、沖縄県民を守るために、散華された。

その遺骨は、戻っていない・・・・・

彼らにとって沖縄は、本土防衛のための時間稼ぎをする「捨て駒」などではなかった。

命を代償にでも、守らなくてはいけない 『愛する祖国』 であった。

 

それだけでは、無い。

 

沖縄県には、かつて誇り高き日本人が大勢いた。

 

~この事実だけは、絶対に消せない~

 

確認すべき情報

沖縄特集 号外『崩壊した「軍命」説』

http://vpoint.jp/okinawa/8523.html

 

従軍看護婦の証言 「自決命令はウソであった!」

http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/02c7409329344e7367f6c47f84ac5135

 

特攻兵士の証言 「元特攻隊員が見た沖縄戦『沖縄が捨て石』というのは戦後の論調だ」

http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/7efb88aa9e3d15f9178aca74322d3ee0

 

 

沖縄は、いつからおかしくなったのか?

 

私利私欲でなく、沖縄を愛し祖国日本を愛し、軍と県民が一丸となって侵略者アメリカと戦った記憶が、戦後、安保闘争に敗れたヤマトンチュウ左翼たちによって見事に消され、捻じ曲げられた。

 

沖縄マスコミと日本のすべてのマスコミ、左翼に傾き過ぎた 旧帝国大学を震源地とした 自虐史観 を正義と考える 日教組に支配された学校教育が捻じ曲げて伝え、私たちを洗脳してきた。

沖縄も例外とはなれず、子供たちの育成に命を懸けてきた 「沖縄教育会」 が反日・左翼思想を持つ 『日教組』 に乗っ取られ、「沖教祖」となってしまった。

 

 

沖縄17本土の左翼とシナ共産党が扇動する

オスプレイ反対集会

 

左翼によって沖縄県民の一部は「被害者」と耳心地の良い言葉にもてあそばれ、「被害者としてもらう補償金」に毒され、シナ人と同化する考え方を醸造され、先人たちの持っていた「誇り高き日本人」としての真心を失った。

そのご褒美は、相当においしかった。

砂糖に群がった一部の沖縄県民たちは、先人たちが命がけで築いてきた歴史を忘れ、楽に生きようと、沖教祖による教育支配と 琉球新報 ・沖縄タイムスの洗脳工作を応援し、おいしい利権を得た。

この一部の人間たちが、曲者(くせもの)であった。

人々を惑わす理論武装をし、沖縄県民を誤誘導すべく、シナ共産党の諜報員と 本土から来たインテリ左翼に学び、アジテーターとしての腕を磨き続けたのである。

沖縄での洗脳工作は熾烈を極め、反日左翼が作り出した「中国人も(日本の)被害者」の言葉に酔いしれ、反日思考を植え付けられ、シナ人に同じ被害者としての親近感を持つようになり、シナの工作員やヤマトンチュウ左翼の旗になびく沖縄県民が増えつつある。

 

 

反日左翼に支配された地元新聞2紙

60 ・70年安保の敗北で  「 日本を破壊し尽くし 共産主義国家の樹立を図る!」 夢に破れ、死に体であったプロ市民 や 左翼活動家たちは、沖縄県に活躍の場を見出し生き返った。

「反米」 の立場をとる シナ共産党も、ベトナム戦争時、米軍占領下の沖縄への浸透を図った。

今沖縄で、「米軍基地反対」 や 「日本からの独立」 を騒いでいる多くは、沖縄県民ではなく、内地から来た 左翼の人間たちとシナ共産党に取り込まれた人間たちである。

仕掛けを作っているのは、シナ共産党。

60年、70年安保がソビエトによって仕掛けられ、日本の大学生たちが踊らされたのと同じ構図である。

 

安保闘争との唯一の違いは、一見理論的なイデオロギーや甘言で踊らされている人間ばかりではなく、

おこずかい欲しさのオジーやオバー達 (少数です) が、反日左翼のお手伝いをして基地の前で反対を叫んで違法行為を繰り返す姿は、哀れですらある。

 クリックすると綺麗に見れます

 沖縄4

 

沖縄6

 

 

1あなた方は、どこの県民 かな?(笑)

赤く染まった労働組合から交通費もらって物見遊山ついでに参加

こんな人間たちが大多数を占める沖縄での 「基地反対抗議行動」

 

沖縄9デモ行進。 なぜ、ハングル???

沖縄10

nm

002愛知県の 左翼 団体

↑ 写真:週刊新潮 ↓

003JR東労組 大宮支社

「米軍基地反対」 人間の鎖

沖縄11

沖縄12

沖縄13

mn

私が辺野古で撮ってきました

3

看板右上の拡大写真

4名古屋の反日団体

彼ら 反日・左翼たちは、マスコミと教育会には「もっともらしい理論武装」で浸透に成功を見た

沖縄県では99%のシェアを持つ、『琉球新報』と『沖縄タイムス』は完全に内地から来た反日・左翼に支配され、シナ共産党の情報機関に踊らされ、反日記事が常にねつ造され、さりげなく組み込まれ、毎日、「反日イデオロギー」 が紙面を飾る。

「皇民化」に危機  ( 8.24 琉球新報 ) などという記事が当たり前のように新聞記事となって、沖縄県民を洗脳する。 あのシナや朝鮮ですら「右傾化」「右翼政権」とまでしか書いていないにもかかわらず、その先の先を行く反日・左翼教育を連日繰り返し沖縄県民に対して行っているのである。

21世紀の今、皇民化なる現象を目にした方がいたら教えて欲しいのもである。

 

 

また、反日イデオロギーに染まった彼らは、米軍はもちろん自衛隊にも、とにかく反対

自衛隊誘致問題で揺れる沖縄県にある与那国島 ( ※ 警官が2人しかいないシナの侵略( ※ 武力上陸 )の危険性に怯える最西端の島。 国防上、極めて重要な島 ) の町長選では、自衛隊誘致のメリットを訴えた現職が553票を獲得し、506票に留まった誘致反対の候補に47票の差(およそ10%)をつけて勝利(投票率95.48%!)したにもかかわらず、「わずか47票差で民意得たといえるのか」 と八重山毎日新聞の社説で、反対意見に誘導する。

NHKも負けてはいない。

与那国町長に自衛隊誘致派が当選したら、NHKは、「 国内唯一の地上戦を経験した沖縄にまた新たな基地を創る・・・」と、大騒ぎを始めた。 真実は、北方領土でも熾烈な戦闘があった。そのうえ故郷をソ連に収奪され、沖縄諸島よりも大きな面積を奪い取られ、いまだに故郷に帰れない人たちがいっぱいいるのに、ウソまでついて日本人を洗脳しようと企む。

北方領土の島民はソ連によって追い出され墓参にも帰れないが、与那国は米軍にマラリアさえ駆除してもらった事実まで隠す。

もはや、確信犯である。

しかも、もし反対派が勝っていれば、「県民総意で自衛隊にNO!」「オール沖縄が反対の意思表明」と書き立てる。

 

1万数千人しか集まっていないオスプレイ反対集会でも、「11万人もの沖縄県民が集まる!」と大々的に報道、

大規模に行われた 「オスプレイ賛成集会」 や 「米軍との親睦会」 のことは、一切報道しない。

これは、本土の大手マスコミすべてにも言える共通事項である。

 

「 新聞は事実を公平に報道するから消費税をかけるべきではない 」 と 朝日新聞はのたまっているが、

何をかいわんや・・・である。

 

 

筆者がたまたま沖縄左翼の活動視察のために沖縄に行った時、唯一買った新聞の記事    ( 2013. 9.9 琉球新報 )

 

オリンピック日本開催が決まった翌日の琉球新報では、3人の識者の意見を大きく掲載

『 現実から目を背けた 』  (漫画家やくみつる) 『 お金の話は下品だ 』  (評論家 大宅映子) 『 被災地置き去りに 』  (ジャーナリスト斎藤貴男) と、批判する内容のみが紙面をおどった。

 

同じ日の論説には、本土(国)からの支援金で作った海上に架かる橋の論説

沖縄の自然や海は県民の財産です。  綺麗にみんなで使いましょうといった前段の後に、

「 県民の意識も変わった。海辺の清掃活動は全件的に広まり、美化意識も高まった。「ゴミは持ち帰りましょう」。大半のビーチが看板に掲げるこの言葉はもはや県民の常識だ。

それに比べ、国の認識はふに落ちない。 道路建設に使った(海上に架かる橋の建設用の)仮桟橋の鉄製支柱を217本も引き抜かずに海に埋めていたことが発覚した。 場所は波の上ビーチ沖の浅瀬。 国は「ミスはない。あり得ること」という。 だが専門家は 「建設資材を海に捨てたと同じ」 と指摘する。

早い話、不法投棄かとの疑いがある。沿岸に断つ波上宮はニライカナイ信仰の聖地とも言われ、もし誰かが浅瀬にゴミを埋めようものならとがめられよう。

工事資材とはいえ、最大40㍍の鉄柱だ。 沖縄の歴史文化に思いをはせ、海を大切に思う気持ちがあったら違った展開になっただろう。

“ 不都合な現実にふた ” という文化は沖縄には似合わない。」 とあった。

これを読む限り、沖縄の新聞社は正直者で、沖縄県民はまたもや日本の内地に踏みにじられた被害者・・・という構図となる。

こんな記事を、毎日、沖縄県民は読まされている。

可哀そうだが、反日・親中国に洗脳されてしかるべきであろう。

この記事、ちょっと考えてみると、笑える。

確かに国道建設であり、国からお金は出ている。

しかし、建設を請け負って実際に橋を作ったのは、地元の建設会社であり、沖縄県民である。 また、管理 ・監督をしていたのも沖縄県民である。  そこに、国(本土)は関与していない。

これが、「 沖縄県民を被害者、祖国を加害者 」として沖縄県民を洗脳 し続ける沖縄メディアの実態なのである。

 

沖縄10内地から来た左翼の意見を 「沖縄県民の総意」 として伝え続ける沖縄県の新聞2紙

(※ 人の集まっているところだけを上手に撮り反対派人数水増 しコントロール)

彼の新聞社は、多くを占める「 沖縄県民の民意 」は、絶対に書かない。

 

 

それだけでなく仲井眞(なかいま)県知事も、「 沖縄が独立すれば1,000憶円が国に搾取されなくなる( ※ 国税) 」とのたまっている。

 

 

main

 

 

これだけ聞けば、沖縄はやはりヤマトンチュウに搾取されている被害者である。

 

しかして、その実態は?

 

沖縄県には、国から、取られた金額以上の地方交付税、およそ2,000億円が交付されている。

また、地方交付税とは別に、1972年から2011年の間に沖縄振興費用として累計約10兆円が支払われた。

今でも毎年、3,000億円以上の金が振り込まれる。

思いやり予算を入れたら5,000億円を軽く超える。

沖縄が独立した瞬間に、毎年4,000億円の税収不足で即デフォルト、沖縄県民の生活は世界最貧国並みとなるのは目に見えている。 シナは、侵略した先で搾取と民族浄化の名のもとに強姦と拷問と虐殺こそすれ、援助などしてくれないし今までどこかでしたことなど一度たりとも、無い。

このような事実は話さないで、平然と隠し、被害者ずらだけをパフォーマンスし、洗脳する。

 

沖縄の先人たちが「誇りある日本人として大東亜戦争で艱難辛苦(かんなんしんく)の戦い」をされたことを日本国家は忘れてはいない。

 

忘れ去ったのは、反日左翼の洗脳に身を任せた、影響力を持った一部の沖縄県民の方である。

たちが悪いのは、彼ら反日を是とするグループは、左翼に感化され、大きな声で叫ぶことを好み、権力志向も異常に強い。

故に、「 先人 (※ 英霊) が礎(いしずえ)となって 」得ることができている沖縄振興費用を沖縄振興のために大切に 「沖縄の将来の発展ために何をすべきか?」 よく考えて使わないで、湯水のように無駄に使った。

毎年2,000億円以上も支払われている「(アメリカ軍の)思いやり予算」も、無駄に消えただけでなく、今ではシナ人に渡そうとまでしている。

それを、反日沖縄メディアと沖教祖があおった。

 

沖縄の警察も、反日活動と反米軍活動には、違法行為があっても両目をつぶる。。。

裁判で有罪となった 「京都で起こった朝鮮人学校に対する在特会のヘイトスピーチ」 より激しく汚らしい、暴言と 大音量による騒乱と アメリカ人の子供に対する乱暴と 子供への脅迫と 米軍人の個人の車への破壊行為と、通学途中の小学生に無理やり 「オスプレイ反対」 を 強制的に叫ばせるだけでなく、「人間のウンチまで基地に投げ込む 元・教員たち」 の破廉恥(はれんち)な行為を、沖縄の警察は黙認し、沖縄にある 検察も裁判所も 「合法」 としている。

 

なお、仲井眞県知事は、平成25年5月31日付 シナ共産党機関紙・人民日報で 「先端文明を持った中国からの移住者の政治・経済的な地位は極めて高く、その末裔(まつえい)は今もなお、沖縄で大きな影響力を持っている。現知事の仲井真弘多(ひろかず)氏が『久米三十六姓』の子孫であることは広く知られている」 と 「明朝と関係の深い『沖縄久米村』」 と題したルポタージュ記事に書いてあった。

 

 

しかし、インターネットの発達により

沖縄のメディアの反日・親シナに傾倒した異常さに気づき、沖教祖と沖縄メディアの言うとおりにした先には、シナの植民地が待っている、ウイグルやチベットの悲劇が待っていることを、多くの沖縄県民も気づきだしている。

だから、

左翼なマスコミたちは、インターネットの正しい情報を「ネトウヨ」と呼んで蔑(さげす)み危険であると騒ぎ続ける。

シナと朝鮮に媚を売り、デタラメしか伝えない内地のテレビや新聞も、「ネトウヨ」と必死に叫んでいる。

 

私たちは知ってしまった。

「 テレビや新聞は、なにも事実は伝えない 」

 

 

沖縄7

 

沖縄8

 

 

沖縄県民の多くは、反日・親中に傾いている 沖縄の新聞2紙や 学校教育や 本土から来る左翼たちに、違和感を持っていることを申し添えてこの項を終わる。

 

 

 

確認すべきインターネット情報

 

「 戦後レジュームからの脱却は沖縄から 」  沖縄対策本部   代表  仲村覚

http://www.youtube.com/watch?v=4J_K–oQXlM

 

【 沖縄県祖国復帰の真実 】 名護市からの報告 ・ 我那覇真子

http://www.youtube.com/watch?v=h4NZwKPMEDE

 

天皇陛下奉迎行進が沖縄で開催、両陛下がベランダにお見えに、県民7千人の気持ち届く 平成24年11月18日

http://okinawa-news.com/%e5%a4%a9%e7%9a%87%e9%99%9b%e4%b8%8b%e5%a5%89%e8%bf%8e%e8%a1%8c%e9%80%b2%e3%81%8c%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%a7%e9%96%8b%e5%82%ac%e3%80%81%e4%b8%a1%e9%99%9b%e4%b8%8b%e3%81%8c%e3%83%99%e3%83%a9%e3%83%b3/

 

No.722 沖縄戦「住民自決命令」(上)~ 神話の創作者たち

http://blog.jog-net.jp/201111/article_1.html

 

マスコミ大嘘! 9.9オスプレイ反対沖縄県民大会はガラガラだった

http://www.youtube.com/watch?v=eeXe2p4ZbAc

 

「中国の侵略は許さない!」ついに立ち上がった沖縄県民

http://www.youtube.com/watch?v=up2gVBCBnvI

 

中国による沖縄侵略 沖縄県知事は、帰化人だった。

http://www.youtube.com/watch?v=_i4rI_adBDg

 

アンケートしてみた『県民の本当の声を聞かせて\(^o^)/ あなたは米軍基地賛成?or反対?』

http://ameblo.jp/new-teamokinawa/entry-11514969976.html

 

 

 

お奨めの書籍

沖縄を豊かにしたのはアメリカという真実 (宝島社新書)  [新書]   惠 隆之介 (著)

 

 

 

 

「正しい日本の歴史」 (目次)

http://rekisi.amjt.net/?page_id=9

 

 

Comments are closed.